アクロコルドンを自分で取る

アクロコルドンは自分で取れる!でも注意が必要な取り方

注意を守らず失敗した男性

 

アクロコルドンは病院へ行かずとも自分で取ることができます。
原因がウイルス性のイボとは違い、肌のスキンケアがしっかりとできていなかったのが関係しているからです。

 

ドラッグストアで薬も販売されていますし、ヨクイニンのクリームも売られています。
皮膚科でなくとも自宅で取ることができるのですね。

 

10代のような若い頃であれば体内のヒアルロン酸の量も多く、肌の角質が剥がれる働きであるターンオーバーが頻繁に行われます。
しかし、20代を過ぎるとだんだんと減少をする一方となるのでターンオーバーの周期は乱れることに・・・。

 

結果、角質が剥がれずに肌に付いたままとなるので、その固まりがアクロコルドンと呼ばれる老人性イボの正体なのです。

 

そのため、スキンケアを行いターンオーバーを正常に働くようにさえすれば自然と角質が剥がれてくれます。
ウイルスが関係しているような病気ではないので自分で取り除くこともできるのですね。

 

個人的には自分で行うのがおすすめではありますが、注意をしなければいけないこともあります。
特に絶対に行ってはいけないのがはさみや爪きりを使って自分で切ることです。

 

危険なのでくれぐれも行わないようにしましょう。

 

アクロコルドンを自分で取るなら注意事項がある!皮膚を気づ付けて跡が残らないように

 

自分で治療する方法といっても種類は様々です。
このサイトの他の記事でも紹介していますが、化粧品を使ったり薬を使ったりですね。

 

ただ、方法によっては皮膚を傷つけてしまうことにもなりかねないです。

 

そのため、痛いって感じる方法もあります。
なかにはそのまま傷跡として一生残ってしまう可能性もあります。

 

首にぽつぽつとイボができて気持ち悪いから治療しようと思ったのに、一生の傷が残ってしまっては本末転倒です。
くれぐれも注意をしましょう。

 

ハサミで自分で切るのはダメな取り方!危険で副作用のリスクが高い

ハサミの写真

 

自分で治療をするとなると何も調べずに思い浮かべるのがはさみで切り取ってしまうことです。

 

確かに切ってしまえば問題が解決したような気がしてしまうのも分かります。
病院での手術でも一昔はハサミで切ることが多かったです。

 

ただ、自分での治療方法として絶対に行ってはいけないのがこの方法です。

 

病院で切るといっても知識や経験豊富な医者が医療用のハサミを使ってきります。
素人が同じようにできると考えてはいけないのですね。

 

どの程度の位置で切れば良いのかも全く分からないはずです。
根元から切らなければ意味がありませんが、切りすぎると痛いし、傷跡にもなります。

 

また、切ったとしてもその後のケアをしなければすぐに再発することにもなってしまいます。
アクロコルドンの原因は角質が肌に残ってしまっていることなので、取り除くだけではまたイボができてしまうのです。

 

危険なだけで一時的な対処にしかならないのでやめましょう。

 

自分で取れた後もケアの継続が必要!ヨクイニンの化粧品を使って改善

 

先ほども説明したように自分で切っても再発をしないように化粧品でケアをしなければなりません。

 

そのため、結局はヨクイニンが配合されている化粧品を使わなければいけないのですね。
傷跡や痛みの危険をおかしかにも関わらず、自分で化粧品を使って治療する方法と同様のことをしなければなりません。

 

一時的に取り除くことができるので全くの無意味ではありませんが、ほとんど意味がないのと同じです。

 

化粧品を使って自分で治療する人が多いのかの理由を少し考えれば分かると思います。
結局は自分でハサミで切っても痛い意味をするだけでほとんど意味がないからなのです。

 

まあ、効果を感じている人が多いってのも理由のひとつではあると思いますが・・・

 

アクロコルドンを自分で治療するなら化粧品または薬を使うようにしましょう。