液体窒素でアクロコルドンを取る

皮膚科の液体窒素でアクロコルドンを取る特徴

皮膚科の医者
皮膚科で行われるアクロコルドンの治療が液体窒素を使った方法です。

 

ハサミを使って切る治療を行っている病院もありますが、口コミなどを見る限り最近では液体窒素を使った方法を取り入れている病院が多いように感じます。ただ、治療方法に関しては病院などにもよって異なるので、選択をすることはできないです。

 

ハサミではなく液体窒素がいいって人であれば、事前に確認をするのがおすすめとなります。

 

液体窒素でのアクロコルドン治療の特徴としては即日に効き目を実感できる点です。
手術を行えば面白いように取れていくのが確認することができるはずです。

 

あくまでアクロコルドンを取ることはできても肌の改善をしている訳ではありません。
そのため、治療後に関しては処方される薬や市販薬や化粧品でのケアが必要となります。

 

アクロコルドンの原因となっている肌の改善をしなければ、またすぐに再発をしてしまうことも多く、すぐに数が増えてしまうこともあります。

 

ここでは液体窒素でアクロコルドンを治療する方法に特化して費用や痛みなどについても詳しく解説していきます。
病院での治療を考えている方はご覧頂ければと思います。

 

液体窒素でのアクロコルドン治療期間!即効性がありその後の経過観察が必要

 

治療期間としてはあなたの顔にイボがどれぐらいあるかにもよって異なってきます。

 

イボ自体は液体窒素を付ければ面白いように簡単に取れてはくれます。
しかし、1日に除去する数としては病院にもよって違いはあるものの、10個や20個だったりします。

 

肌への負荷もかかるので、一度に何十個も取るようなことはしないケースが多いのです。
イボの数が数個程度で少ないのであれば、早ければ当日での治療が完了となります。

 

病院によっては初日は診察のみで実際の治療が後日と最短で2日となることもあります。

 

施術後に関しては化粧品や薬を使ってケアを続け、再発防止に努めるようにしてください。
イボは再発することが多いので油断をすることはできないです。

 

液体窒素での治療費はいくら!目安はアクロコルドンの数

 

アクロコルドンを液体窒素で除去するのであれば、1個500円ぐらいが目安となります。

 

病院によっては300円程度と安かったりすることもあれば、5個で2500円のように設定されていることもあります。
大抵の病院では1回いくらではなく、1個でいくらのように金額が決まっていることが多いです。

 

そのため、あなたのアクロコルドンの数にもよって多少の値段が変わってきます。

 

治療費用とは他にかかるのが診察費用と処方薬の費用です。
初診費用としてはどの皮膚科も3000円程度あれば足りるはずです。

 

処方薬に関しては病院によっても違いますし、配布がされないケースもあるかと思います。

 

まとめ

 

アクロコルドンの治療は皮膚科で行うことができます。

 

即効性のある方法で治療費に関しては健康保険を使うことで3割負担です。そのため、比較的安くアクロコルドンを取る方法として知られています。

 

ただ、気になる部分として残るのが痛みや跡が残ってしまうなどの副作用です。
取れた後に関してはかさぶたのように黒や赤っぽくなり、最終的には取れてしまいます。

 

ただ、そのまま傷跡として残ってしまうことがあるのがつらい部分でもあります。
また、治療中に関しては痛みを感じることになります。痛いのが怖いって人で数が多いとなると厳しい部分でもあります。

 

アクロコルドンが液体窒素で取れたらケアはきちんと続けるようにしてください。