40代のアクロコルドンの取り方

アクロコルドンは角質が原因となる症状

 

アクロコルドンはイボの一種ですが、イボには数百種類あるとされています。
そのなかでも大きく分けると有名なのが老人性イボとウイルス性イボです。

 

アクロコルドンは老人性イボに分類がされるので、ウイルス感染が原因となっている訳ではありません。
しかし、それを知らずに間違ったケアをしてしまう人も多いです。

 

そのため、ずっと治らずに悩んでしまうなんてこともあります。

 

肌トラブル全般に言えることですが、ケアをするのは非常に大切ではあるのですが、原因の解消をするのも同じように重要なことです。
いくら薬やクリームでケアをして改善をしても、原因を継続的に与えているようであれば、治らなかったり悪化をしてしまうこともあります。

 

アクロコルドンを取りたいのであれば原因の解消をする。
その上でクリームを使ってケアをしていくことが非常に大事となっています。

 

そのため、ここでははじめの一歩として原因について詳しく解説をしていきます。

 

アクロコルドンの原因は古い皮膚の硬化

 

アクロコルドンの原因はウイルスではなく、古い皮膚が関係をしています。

 

古い皮膚のことを角質と呼ばれているのですが、本来は垢のように外に排出をしなければならないものです。
肌機能によって皮膚は常に古い角質を外に排出をして、新しい皮膚の細胞を作りだしています。

 

そのため、たとて一時的に日焼けをしても時間と共に肌の色が戻っていきます。

 

しかし、高齢化によってこの働きの周期であるターンオーバーが乱れてしまうことになります。
そのため、本来排出すべき古い皮膚である角質が肌に付着したままとなってしまうのですね。

 

これが時間と共に硬化してできあがるのがアクロコルドンと呼ばれる老人性イボです。
一部分だけ肌のケアができていないなんてことはないので、顔や脇などに発症をするとひとつではなく複数できてしまうことが多いです。

 

肌の老化やケア不足が代表的な原因

 

肌機能は高齢になるにつれ、皮膚内のヒアルロン酸やセラミドが減少をしてしまうので、完全に防ぐことはできません。
そのため、年を重ねるほどアクロコルドンを発症する人は増え、40代や50代を過ぎたころより爆発的に増加をします。

 

しかし、この年を重ねる部分に関しては先ほども申したように誰にも防ぐことはできない部分です。

 

もうひとつの原因としては肌のケアをしっかりとしていないことです。
30代の頃より40代や50代になると化粧に気お使えなくなってきます。

 

生活費の問題もありますし、外に外出する機会の減少や異性に対しての気持ちもそうです。
そのため、肌のケアが不足してしまっている人は多いですが、それが原因で肌機能のターンオーバーを衰えさせてしまう原因になってしまいます。

 

そのため、アクロコルドンができる原因を作りだしてしまっているのですね。
治したいのであれば改善することができる原因がこの部分となります。

 

紫外線ダメージは肌の老化を招く!日焼け対策に日傘は便利

 

肌の衰えなどもありますが、もっとも注意が必要なのが紫外線による肌へのダメージです。
肌の老化は紫外線ダメージがほとんどの原因をしめると言われていますが、肌への負担も肌機能の低下へとつながります。

 

日焼け対策を日頃から常にしている人としていない人では肌のきれいさは大きな差があります。
あなたのアクロコルドンの原因もこれがほとんどである可能性もあります。

 

外に外出する際は必ず日焼け対策として日傘を差すようにしましょう。

 

アクロコルドンを取るならケアと原因の解消が重要

 

アクロコルドンや他の肌トラブルで悩んでいる人にも言えることですが、ケアはしているが原因の解消をしていない人は多いです。
いくらケアをして改善しても原因によって余計に悪影響を与えていれば治るなんてことはありません。

 

アクロコルドンで悩んでいる人は全然取れないなんて嘆いている人もたくさんいます。
外にでれば高齢の人が顔や目や耳などにポツポツとイボがついてるのが見受けられます。

 

もう一度いいますが、大事なのは原因を解消してケアをすることです。

 

老化に関しては防ぐことはできないので、日焼け対策には気おつけるようにしましょう。
治す為の方法については下記で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。